ご挨拶

私達は、シニアマーケットの問題解決ビジネスとして

健康、環境、福祉・介護の起業や事業提案をさせていただきます。



シニアコーチ 小林 英紀


 今のシニアマーケットの現状

 
総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は26.7%
単位:万人(人口)、%(構成比)
  平成27年10月1日
総数
人口
(万人)
総人口 12,711 6183 6,528
高齢者人口(65歳以上) 3,392 1466 1,926
65〜74歳人口 1,752 832 920
75歳以上人口 1,641 635 1,006
生産年齢人口(15〜64歳) 7,708 3891 3,817
年少人口(0〜14歳) 1,611 825 786
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0
高齢者人口(高齢化率) 26.7 23.7 29.5
65〜74歳人口 13.8 13.5 14.1
75歳以上人口 12.9 10.3 15.4
生産年齢人口 60.6 62.9 58.5
年少人口 12.7 13.3 12.0
資料:総務省「人口推計(平成27年国勢調査人口速報集計による人口を基準とした平成27年10月1日現在確定値)」
(注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口

○平成72(2060)年には、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上

  • 総人口が減少するなかで、高齢化率は上昇(図1−1−2)。
  • 高齢者人口は、いわゆる「団塊の世代」(昭和22(1947)〜24(1949)年に生まれた人)が65歳以上となる平成27(2015)年には3,392万人となり、その後も増加。54(2042)年に3,878万人でピークを迎え、その後は減少に転じるが高齢化率は上昇すると推計される。
  • 平成72(2060)年には高齢化率は39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上。
  • 平成72(2060)年には75歳以上人口が総人口の26.9%となり4人に1人が75歳以上。

 
 シニア市場はマス・マーケットではなく「多様なミクロ市場の集合体」

 シニアビジネスの基本は「不」の解消である
   「健康不安・環境不安・介護不安」
   「健康不満・環境不満・介護不満」
   「健康不便・環境不便・介護不便」
  
 今後成長出来る分野が「健康関連」と「環境関連」と「介護福祉関連」事業



 


 
 なぜ、起業やもう一つの事業の柱にシニアマーケットなのか!?

 各個人や企業の経歴に会った事業をご提案します。

 お問い合わせ・・・ info@net-cosmo.co.jp   (メール相談は全て無料です)

        011-748-6661  小林 直通 090-3110-1149
 
 事業提案の流れ

 無料電話・メール相談
   ↓
 正式に相談依頼
   ↓
 その方や企業の優位性に会った事業を洗い出す
   ↓
 アクションプランの提案
   ↓
 アクションプランと見積の提示
   ↓
 合意を得てご契約

 
まず、御社の考えを明確にする為にご相談ください。

 
 コスト削減総合提案

 空調電機料金削減
 
   お店や工場の空調電機料金の削減

 
電気料金削減
  
  企業から家庭まで 「見える化」でデマンド低減からの削減提案

 上下水道料金削減


   まず、節水の現状分析実験からスタートです

 
コピー代・印刷経費削減

 
   複合機のカウンター料金を削減
   カラー印刷し放題インクジェットプリンタ・レンタル    
           
   

 アウトソーシング

   流通チャネル開発

   テレマーケティング

 
 
Copyright(c)2003 net-cosmo.co.jp all rights reserved.